今日のアブちゃん。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分たちにできること

この3週間の間、うちの団体にできることについて考えてきました。まだ答えがでないが、被災地で活動してる団体の情報当会のホームページに掲載することが一番かなとおもっております。 個人的には、震災三日後、在日スーダン大使館に一本の電話をいれました。大使代行には、ぜひスーダンからすこしでもいいから、支援物資などを送ってくださいって伝えました。 日本の納税者のみなさまが長い間、発展途上国に使われる政府開発援助を支えてきました。スーダンもインふら整備や保険えいすいの分野でお世話になっています。 今の被災者にとってもっとも大切なのは、全く聞いたことのない国とかからのねぎらいの気持ちだろうとおもいます。 そして、震災を乗り越えた時に、両国民のきずなが強くなるでしょう。。 自慢話に聞こえるかもしれませんが、大使館に電話した一週間後、スーダン政府から一万ドルの義援金が決定しました。 やりました。ぼくにできることができたという喜びと、額こそ小さいが、私がうまれた国が、ぼくは
大好きな日本とは、力を合わせる感動的な場面をかいま見ることができてよかったです。 がんばりましょう。それぞれにできることを第一に考えれば、それが大きな力となるでしょう。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。