今日のアブちゃん。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほんとうはみえてるんでしょ?

とある駅の階段をあがって、改札口を通る手前で、後ろから「ほんとうに見えないの?」と若いにいちゃんがつれとはなす感覚でいった。 この前、留学生支援の会の中年ぐらいの女性がめんとむかってこのような質問をなげかけてきた。 「ほんとうは見えてるんでしょ?」。 にいちゃんがぼくがみえないことを疑問におもってたようだが、 このおばちゃんは、ぼくが見えてると確信してるようだ。彼女はつずけた? 「ほら、駅前、つたつたあるいてるじゃないか?」。 だけどよ、仮に、見えるのに、見えない不利していたとすれば、 「ほんとうは見えてるんでしょ?」といわれたところ、「はい、見えます」と答えるわけがあるまい。 意無意味、かつ、むかつかせるような質問をよせよ。 頭にくるのに、このような種類の人間と戦う気がどうもおきぬ。 。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

アブディンさん、こんにちは。
 私はずっと前に、アブディンさんが大学の食堂の外のテーブルを太鼓のように叩いているのを思わず立ち止まって聴いてからファンになり、いろいろな活動をなさっているのを知って増々尊敬し、この日記も時々読ませていただいている者です。
 今日の日記を見て驚きました。実は私も留学生支援の会のおばさんの一人なんです。会の誰かがそんなことを言ってしまって、ほんとに申し訳ありませんでした。きっとその人は、アブディンさんが速く歩いているのを見て驚いた気持ちがその言葉になって出てしまったのでしょうが、とても失礼でしたね。アブディンさんがおっしゃる通りだと思います。会の人たちにも伝えておきますね。
 留学生支援の会は、いつも何かお役に立ちたいと思って活動しています。また会のイベントにも遊びに来てくださいね。これからも応援しています。

さくら | URL | 2009年03月04日(Wed)16:15 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。